美容外科で美肌になれる|コンプレックスを素早く改善

失った乳房を取り戻す

バスト

全摘手術と温存手術

乳がんの手術には全摘手術と温存手術があり、近年では温存手術が普及しています。しかし温存手術といっても、完全にバストの形を保てるとは限りません。予想外にバストが崩れてしまった場合には、乳房再建が必要となります。また再発が怖いということで、あえて全摘手術を選択し、後で乳房再建を行なう方も少なくありません。乳房再建には大きく分けて、自分自身の皮膚や脂肪を移植する方法と、人工的なインプラントを入れる方法があります。現在では、どちらの手術にも保険が適用されます。各々の方法には一長一短ありますが、どちらも上手にできるという医師はほとんどいません。セカンドオピニオンも取り入れて、場合に応じた手術を選ぶことが重要です。

2種類の手術の長所と短所

自家組織を移植する乳房再建術は、見た感じも触った感じも自然なことが特徴です。仰向けになったり横向きになったりすれば、それに合わせて形も変わります。ただし乳房以外に皮膚や脂肪を採取する手術が必要なので、時間は長くかかりますし、入院日数も長くなります。採取した部分に傷跡が残ることもデメリットです。インプラントは触感が硬めで、姿勢を変えても形が変わらない場合があります。また人工物なので感染の恐れがあり、定期的なメンテナンスは欠かせません。その代わり手術時間は短く、日帰りでも可能です。最近では乳がんの手術と同時に乳房再建を行なう例も増えています。乳がんを切除した部分以外に傷が残らず、心理的負担が軽いため人気があります。